\最新情報をお届けします/

BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. green delivery
  4. お弁当配達サービス「green delivery(グリーンデリバリー)」
green delivery

お弁当配達サービス「green delivery(グリーンデリバリー)」

<目次>※目次をクリックするとジャンプします。
1.深刻化するランチ難民問題
2.お弁当配達サービス「greenデリバリー」
3. 行かない、待たない、並ばない”快適ランチ”を

 

 

 

 

 

1.深刻化する”ランチ難民”問題

なかなか解決しない”ランチ問題”。

●周辺に飲食店がない。
●お店が混雑していて食べたいランチが食べられない。
●忙しくてランチタイムすら取れない。

このような問題から休憩時間にランチを食べられない人
いわゆる”ランチ難民”が溢れかえっており、とても深刻化しています。

では、そんなランチ難民が抱える”不満”とは具体的に何が挙げられるでしょうか。
問題別にみていきましょう。

(1)行く、並ぶ、待つ時間のストレス

日本の企業のランチタイムは45分~〜60分程度と定められており
そのほとんどが11時30分〜13時30分の間にとっていると言われています。

もし、近隣企業が同じ時間帯にランチタイムを設けていたとしたら
頑張って仕事を切り上げてお店にランチを食べに行ったとしても、
お店に入るまでに並び、料理が出てくるまで待たなければなりません。

それに、高層ビル内にオフィスがある企業であれば
人が集中するランチタイムのエレベーターの待ち時間はとてもストレス。

ビルの外に出るだけで5分〜10分もかかってしまう。
なんて事も少なくありません。

(2)オフィスの近隣に飲食店がない

外にランチを食べに行きたくても、
近隣に飲食店がないからお弁当を持参するかコンビニ弁当を買って
オフィスで食べるしか選択肢がないというビジネスマンも多くいます。

近隣に飲食店がない→お弁当を持参するかコンビニ弁当に頼る

しかし、飲食店が少ないオフィス街だったら
飲食店でランチを食べられないビジネスマンは多くいるため
もちろん、コンビニは人で溢れかえってしまいます。

(3)社員食堂の選択肢が少ない

福利厚生の一環として社内に社員食堂を取り入れている企業もあります。
一見、社内で気軽にランチを食べられるので困らないのではと思いがちですが
社員食堂の欠点は「飽きる」ということ。

「メニュー数が少ない」「食べたいものがない」
「まずい」と感じているビジネスマンは多くいるもの。

社員食堂に飽きてしまったビジネスマンはどうするでしょうか?
もし、近隣に飲食店がない企業で働く普段から自炊をしない男性であれば
コンビニ弁当に頼るしかなくなってしまいます。

このようなランチ問題を解決するオススメの脱ランチ難民サービス
「green delivery(グリーンデリバリー)」について、ご紹介します。

 

2.お弁当配達サービス「green デリバリー」

「greenデリバリー」とは、
工場ではなく、近くの飲食店が毎朝手作りするお弁当を企業にお届けする
企業向けお弁当配達サービスです。

(1) 毎朝飲食店が手作りする無添加弁当

コンビニ弁当のような工場で大量生産されるお弁当には
品質を保持したり、食中毒を未然に防止したりするために
保存料・添加物・冷凍加工品が使用されています。

しかし、「greenデリバリー」がお届けするお弁当は
飲食店が手作りしてお届けするので
保存料・添加物・冷凍加工品が入っていないのはもちろん
お届け日の朝に作って昼前にはお届けするので、品質も安心です◎

(2) 毎日食べても飽きないメニューの豊富さ

社食シェアリングサービス「green」の加盟飲食店が手がける
「greenデリバリー」だからこそ提供できるバリエーション豊富なお弁当。

全国14,000店舗(2019年12月末現在)の和食・洋食・中華・イタリアンなど
様々なジャンルの加盟飲食店のメニューを食べられるため
「社員食堂はすぐに飽きてしまった」
「コンビニ弁当は種類が少ない」と感じてしまった方でも
毎日食べても飽きないお弁当メニューを取り揃えております。

(3) 圧倒的なコストの安さ

お弁当サービスや社員食堂を導入しようと思った時に
まず一つ目の壁となるのは「コストの高さ」。

社員の事を考え、新しい福利厚生やサービスを導入しようと検討したが
予算が作れず諦めました。というお声をよく耳にします。

「greenデリバリー」は、一度は諦めてしまった企業様にも
これから新しいサービスを導入しようと考えている企業様にも
気軽に利用して欲しいと思い、初期費用は0円!!

毎月の固定費も月3万円〜とリーズナブルな価格設定です。

(4) 福利厚生対応ができる

企業の福利厚生の一環としてお弁当サービスを導入する場合は、
社食シェアリングサービス「green」のように
食事補助を活用すれば、社員は通常よりも安くお弁当を食べることができます。

限られたメニューの中から選ばないといけない食事補助よりも
豊富なメニューの中から自分が本当に食べたいものを選んで食べられる食事補助の方が
社員満足度が高く、同時に社員の健康管理も行うことができます。

(5) 幅広い業界・規模の企業が利用可能

社員数が少なく社員食堂を作るスペースがないと諦めていた企業様も
社員数が多く、新たなサービス導入はかえって手間だと諦めていた企業様も
「greenデリバリー」は、業界・規模問わずご利用いただけます。

販売スペースは50食あたり長机1台程度。
販売員の有無やお弁当のこだわり有無など細かい条件設定ができるので
各企業様のランチニーズにあったプランをご提案できます。

(6) 最短1日〜利用OK。無料試食会でお試しもできる

多額の初期費用や固定費を支払って契約した後に
「新しいサービスを始めたけど、想像と違った」となってからは遅いもの。

「greenデリバリー」は、導入前にしっかりと企業様のメリットを感じていただき
ご納得いただいてから導入していただくために
導入前に無料試食会を行なっております。

また、「会社のイベントの日だけ配達して欲しい」というお声をいただいたため
サービスは単発でも利用していただけ、最短1日〜利用可能です。

 

外食派にはコレ。近くの飲食店が社員食堂になる!
社員の健康に特化した社食シェアリングサービス「green」はこちら

3.行かない、待たない、並ばない “快適ランチ”を。

ビジネスマンにとって、限られたランチタイムは気分のリフレッシュだけでなく、午後からの仕事の活力を蓄える大切な時間でもあります。
greenデリバリーは、これまで「面倒くさい」「お店に並びたくない」「エレベーターの待ち時間がもったいない」と感じていた人ほど、メリットを感じていただけるサービスです。

小さなストレスを解消して、毎日快適なランチタイムを過ごしませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事